帰宅困難者一時避難所MAP

帰宅困難者とは?
地震発生時外出している者のうち、近距離徒歩帰宅者(近距離を徒歩で帰宅する人)を除いた帰宅断念者(自宅が遠距離にあること等により帰宅できない人)と遠距離徒歩帰宅者(遠距離を徒歩で帰宅する人)。
引用: 中央防災会議「首都直下地震避難対策等専門調査会」
一時滞在施設
帰宅困難者等の受け入れを目的としており、目安として発災から72時間(最大3日間)程度までとしている。食料、水、毛布又はプランケット、トイレ、休憩場所、情報等の支援をします。(施設や周辺協定内容によって異なる)
災害時帰宅支援ステーション
災害時の救急・救助活動が落ち着いた後、帰宅困難者の徒歩帰宅を支援するための施設。可能な範囲で水道水、トイレ、道路情報などを提供します。

帰宅困難になったら...

~ 冷静な判断と行動が災害の軽減につながる ~

「むやみに移動を開始しない」

大地震が起きたときは、安全な場所にとどまることを考えましょう。ラジオやテレビ、携帯電話などの様々な手段を使って、正確な情報の把握に努めましょう。急いで一斉に帰宅を始めると駅周辺は非常に混雑、混乱します。

駅周辺に近づかない!

鉄道や交通機関の運行停止により、駅周辺は人であふれかえっています。歩道も人であふれて歩きにくくなることが予想されます。そこへ帰宅・送迎の車などで道路が渋滞してしまうと、ちょっとした行動がきっかけにさらなる事故、混乱を招く恐れがあります。そうなることで緊急車両が通行できないなど「救助・救急・消火活動等の妨げ」になります。災害時の集合場所とすることは避けましょう。

安全な場所にとどまる

災害が発生しますと少なくとも3日間程度は救助救急活動が優先されます。まわりが混乱した状態に加えて十分な情報もないまま移動することは大変危険です。お勤めの方は職場に、学生の方は学校に、または近くの一時滞在施設などの安全な場所にとどまりましょう。自宅へ帰りたい気持ちをこらえてまずは安全確保を!

「安全に」「自力で」「歩いて」帰りましょう!

しばらく安全な場所にとどまった後、帰り道の情報を集め「安全に」帰ることができるか確認できたのならば「自力で」「歩いて」帰りましょう。タクシーやバスは乗れない可能性が高く、乗れたとしても遅々として進まないかもしれません。歩く際も無理をせず「一時滞在施設」や「災害時帰宅支援ステーション」を利用して休憩をとりながら「安全に」帰りましょう。


都市圏から選ぶ

関東地方

東北地方

中国地方

鉄道路線から選ぶ

鉄道会社から選ぶ

JR線

都営地下鉄

東京急行電鉄

東武鉄道

小田急電鉄

西武鉄道

京王電鉄

東京メトロ

京浜急行電鉄

京成電鉄

首都圏新都市鉄道(TX)

東京臨海高速鉄道

横浜高速鉄道

※記載のない路線にそのエリアの自治体に帰宅困難者一時避難所の設定がない、もしくは調査中となります。予めご了承ください。

写真載せよう!For Owners
 みっけMAPに教えてクダサイ!
インタビュー記事リンク
copyright © Mikkemap. All Rights Reserved.