コイン精米機使い方ガイド

未経験の方でもご安心してお使い頂けるガイドをつくりました。


 コイン精米機の流れ

  1. お金を入れる
  2. 玄米を入れる
  3. 精米するお米の白さを選択する
  4. 精米したお米を入れる

これだけです。本当に簡単!案ずることなかれ。
機械メーカーもユーザーのことを考えて誰でもわかりやすく簡単に
使えるように設計しています。

では、解説していきたいと思います。

 1. 出発前に確認!

▼まずはお持ちのものが「玄米」であるかお確かめ下さい。

○ 籾米とは?

稲穂から茎や葉を除いたそのままの実の部分。
種子にもなります。

○ 玄米とは?

稲穂である籾(もみ)から籾殻(もみがら)を
取り除いた状態のものです。

○ 精米とは?
精米とは、玄米を白米にすることです。
玄米は糠(ぬか)がで覆われています。
この玄米から糠の部分を削って白米にするのです。
コイン精米機は玄米→白米にするものが主流です。
お米の出荷が一般的に玄米で行われている為です。

白米では保存がしにくく、時間の経過とともに味落ちしやすいのです。
★食べる時に精米するのが最もおいしく食べられる方法なのです。
 2. 準備するもの
  1. 玄 米
  2. 玄米は10kg単位が望ましいです。
    理由は10kg単位で料金が設定されている為です。
    ※時間単位の機械もあります。
  3. 何枚かの100円硬貨
  4. コイン精米機の大半は お釣りがでません。
    また、付近にお店がない場合も予想される為、予め崩しておくと良いでしょう。
    ★両替機の代わりにドリンクの自動販売機が設置されている場合もあります。
  5. 精米したお米を入れる袋
  6. 米袋30kg入を精米する方は、その袋があるので不要です。
    10kgなど、少なめの利用をされる方は、
    30kg用の袋など丈夫な大きめの袋をご用意するのをおすすめします。
    理由は小さい袋では受け口が狭いのでこぼし易い為です。
    ・ホームセンターなどで数十円で販売しています。
    ※「10kg以下での使用不可」の場合が多いので注意!!
 3. 設置所を探す
道端やお店の駐車場にポツっと建っています。
お近く、またはお出かけ先でお探しでしたら、
この「みっけMAP」をご利用下さい。
お近くのコイン精米所を探そう! → 検索ページ
※リクエストしたい地域や情報等は こちら
まで。
 4. 精米しましょう
中に入って暗い場合は、照明のスイッチがドア付近にあります。
まずは落ち着いて案内に目を通しましょう。

○室内には必ず連絡先が記載されています。
何かトラブルがあればそちらへ連絡して下さい。

 5.必要なお金を入れましょう
持ってきたお米の量と料金を確認してお金を入れます。
すると機械が動き出し、アナウンスしてくれます。
※お釣りがでないものがほとんどです。
お金の入れすぎに注意!!
 6. お米(玄米)を入れる
「お米を入れて下さい」とアナウンスがあります。
写真のようにお米を入れます。
※30kgを大幅に超えてお米を入れると詰まる恐れがあります。
 7. 白さを選ぶ
機械中央のお米の白さ選択画面からお好みのもの選びます。

「上白」「標準」「7ぶ」「5ぶ」etc.
機械やメーカーで違いはあります。

○数字が大きいほど糠を除く割合が高くなります。
 ・「上白」はほぼ100%糠を除いてくれます。
 ・「標準」は90%糠を除きます。
 ・「7ぶ」は70%糠を除きます。

※糠を除く割合が多いほど米粒は小さくなります。

★糠を除くと栄養価が落ちますが食べやすくなります。
栄養価を考えて精米方法を変えるのもまた良いでしょう。
これはお店ではできない体験です。
 8. 袋を設置する

※写真の袋は30kg用です。

※玄米を入れていた袋は捨てたり、破いたりしないで下さい。
その袋に精米したお米を入れるからです。
写真のように設置します。

受け皿の注ぎ口を覆うように袋をセットして下さい。
その際、ペダルの位置を確認して下さい。
※袋をセットする際に誤って踏まないよう、ご注意下さい。
踏むと精米されたお米がでてしまいます。

○機械によっては5kg、10kg用の受け台付きのものもあります。

取っ手を手前に倒します。
※写真はkubota製です。

 9. 精米したお米を袋に入れる
精米が始まってしばらくすると、
白米が受け皿に溜まってきます。

ペダルを踏むと受け皿の口が開き、
袋にお米が注ぎ込まれていきます。
様子を見ながらペダルを踏んでいって下さい。

※小さい袋では、袋の口が狭かったり、
精米所にそれを乗せて置く台や上記の受け台がない場合があります。

その場合は手で持ちながら入れることになるかもしれません。
その状態でペダルを踏むと、勢い良く落ちてきたお米の重みで
落としてしまう可能性があります。
初めて行く場所であれば30kgサイズなどの大きな袋を用意する方が無難です。
 10. 終 了
玄米が残っていないか確認して下さい。
終わるとアナウンスがあります。
下の写真のように画面の電気が消えます。

※お金が不足しているときもアナウンスがあります。
お帰りの際には、お忘れ物がないか確認してください。
 最後に
お疲れ様でした。いかがでしたか?
ビルの建ち並ぶ都市部にはなかなかコイン精米はありませんが、
すこし外れると結構あるものです。
★場所によっては、糠をサービスでもらえるところもあります。

一度ご自分で精米されるとお米のおいしさを一段とご実感頂けます。
玄米の方が経済的かつ、味落ちせずに美味しく食べられます。
おいしいお米を食べると元気になります。
豊かで健康な食生活を楽しんでください。

近くのコイン精米所を探してみる!
検索ページ
写真載せよう!For Owners
オーナー様、店舗関係者様 向けのページです。みっけMAPに店舗写真や情報を掲載してみませんか?
 みっけMAPに教えてクダサイ!

あなたの街の情報をお待ちしています!
「ここにもあるよ!」「間違ってる!!」
是非とも教えてください!


お探しの関連ページ


 コンテンツ 

copyright © Mikkemap. All Rights Reserved.