誰が使ってるの?
「コイン精米機」

田舎だけじゃない!
道端や店舗の敷地内、どこにでもある謎の建物。
意外と便利なモノなのです!

 コイン精米機とは?

よく見るけれど利用したことはない!いやいや、そんなの見たこともないよ。
なんだかよくわからないものが世の中にはたくさんあります。
そうそう!これこれ!
 異様な存在感!
『んん?金融機関のATM??』
『公衆電話?』
『軽トラで農家っぽい人が来た!』
『今度は普通の格好をした人が何か抱えて入っていく・・・。』
『あれっ!女性も来るの??』

一体、何なの!!


道端にこんな変な建物がたっているのを見かけたことありませんか?
奇妙奇天烈、実に怪しげな箱が街の所々に訳ありげに建っていますね。


 お米を精米する機械
実はこの建物、お米を精米する機械が入っているのです。

「10kg 〇〇〇円」の表示を見て、お米の無人販売!?と思った方もいらっしゃるかもしれません。
だとしたら、ちょっと安すぎ!?ですよね。
残念ですが、お米はここにはないんです。利用者は皆、お米を持参して精米しています。
 つまり農家専用ってこと?自分は農家ではないから関係ないかも。
ちょと待ってください!
コイン精米機は誰が利用してもいいのです。言ってみれば清涼飲料水の自動販売機と同じように。
ですから、
会員制でもなく、
農家でなくても、
農協に加入云々・・・etc.

全く関係ありません!
(そもそもコイン精米機のオーナーは誰でもなれます)
どなたでもお気軽に、ご自由にご利用頂けます!
 そもそも精米をする為のお米って?
『誰でも利用できるのはわかったけれど、精米をする為のお米って?』

はい、それは「玄米」というものです。
玄米とは、田んぼで黄金に実った稲を刈り、脱穀した籾米から籾殻を取り除いたものです。見た目は私たちが普段食べている白米と似ていますが、糠(ぬか)に覆われているので茶色なのです。この糠を取り除いて白米にすることを精米といいます。

 精米して食べる人が増えている?

『でも、私はお店ですでに精米された白米を買っているから精米の必要はないし、今から玄米に変えてみるのは面倒というか・・・。』

確かに白米を購入されていれば、必要ないかもしれません。さらに玄米というと「発芽玄米」といった玄米食として健康志向の方が食べているものと思われがちですが、それらとは別に白米に精米して食べているという人も大勢いるのです。


玄米を購入する人はここ最近また増えてきました。それは家でごはんを食べる人が増えてきていることにも関係しているのかもしれません。ご存知の通り、国際色豊かな食材や調味料を扱うお店も増え、調理方法や調理器具も多種多様。食卓が実に多彩となりました。かの有名レシピサイト「クックパッド」は誰もが知るところ。食への意識の高まりは世代を問いません。

もちろん、和食も例外ではありません。お米はまさに和食の代名詞。今では家電量販店の炊飯器などのコーナーにも随分と家庭用精米機が並ぶようになりました。その食へのこだわりから玄米の購入が玄米食でなくても増えてきているのです。
 玄米ってそんなに簡単に手に入るの?

※写真は精米済です。

『玄米ってそんなに簡単に手に入るものなの?』

もちろん、お米屋さんに行けば手に入れられます。また、農産物直売所のようなところにもあります。さらには大きな駐車場にコイン精米機が設置されているスーパーやホームセンターでも見かけます。そこには自宅から玄米を持ってくる人もいれば、そこで購入して精米して帰る人もいるわけです。 それから、インターネットであったり、農家にツテがある方。

少し探すと、灯台下暗しとばかりに見つかるはずです。
『なるほどね。コイン精米機や玄米のことはよくわかったわ。でも、まだ玄米購入まではいかないかなぁ・・・。』

わかりました。では、続きは次回にしましょう!
次回は、玄米を購入するメリットなどをお伝えしたいと思います。
今回のまとめ
  • コイン精米機は誰でも自由に利用できる。
  • 玄米を精米して食べる人がまた増えてきている。



お探しの関連ページ
 コンテンツ 
copyright © Mikkemap. All Rights Reserved.